書こうか書くまいか


浮かんでは消える話があって、勢いで書けそうなとき、冷静になってやめるとき、で、やっと腰が座ってきたので書いてみます。


観葉植物を、6年ほど育ててます。サボテンです。花屋のご主人が『これ楽だよ!』と言うので、買ってみたら、ほんとに楽。しばらくの放置でも枯れないんですね。2種類を購入したんですが、1つは度重なる事故で死んでしまいました(後述します)


で、いくら放置しても大丈夫とはいえ、水はあげたい。そこで、霧吹きを買うことにしました。お店にいくと、100円のと1000円のがありました。で、その日買ったのは『両方』です。実感したかったんですね、ほんとに差があるのか?差は、ありました。見た目はね、色こそ違えど、ほぼ一緒。霧が違うんですね。ふわ〜っと柔らかく広がるんですね。高い方は。安いほうも、使用にはまったく問題ないのですが、ふわ〜っを知ってしまうとね。結局、使わなかったです。


 

その霧の影響か今も元気に育っています。いい話になったね。


最初に(2個のうち1個は死んでしまった)と書きましたが、原因は『倒す』のね。テーブルの上の鉢を。あと、コーヒーカップを倒したり、お茶とかね。ある時期まで頻発だったんですよ。倒すの。そこで、考えたんですね。どうすれば倒さなくなるかを。結論は発見しました。お茶をこぼさない方法を。


利き腕とは逆の場所にお茶を置く』これだけです。ほんとに、こぼさなくなるよ。

これまたいい話。