カテゴリー: diary

美術の秋ですね

9月ですが、暑いですね。刺すような日差し、頭がクラクラします。

コロナ以降、動画を観て過ごす時間が増えました。近頃は、美大生YouTuberマイケルくんのチャンネルですね。美大ってとこ、気になりません?あと、美大に行くための予備校。接点がなさすぎて、まっさらな気持ちで、情報を受けれることに快感を感じています。

美術講師の方のチャンネルで、絵の描き方、心の持ちよう、など貪るように観ています。音楽制作のチャンネルも観るのですが、あかんわ。寝てまう。パッと観て取りあえずは分かる絵と違って、理解までに一定の時間が必要なんですよね。

パッと見て分かる、ますます重要になってますね。パッと聴いて分かるってあんまりピンとこないですよね。でも、怒鳴声、鳴き声、不穏な音への反応は割と速いかも。まぁ、意味のある音ではあるけど、音楽ではないですね。

美術系のチャンネルを観ると、音楽について思うことが色々出てくるので観てしまうのかなぁ。音楽では、KingGnuや髭ダンさんのは、何度も観ました。うわ〜なにこれ、ですわ。それこそ、どういう考え方をされてるのか、気になる。

『時間とテクノロジー』という本を読んでいます。一回読んで終わりという本ではないと感じ、記憶に上塗りするように何度も読んでます。どんな内容か?分からへんねん。でも、面白いねん。『TENET』という映画、もうすぐでしょう?気になるねん。

そんなこんな思いながら曲作ると、また、これが面白いね。

段々と来ますよ。『Horizon』という曲です。

アルバム聴けるの、明日、5月17日までです。

アップしているアルバム群は、明日の5月17日までの掲載になります。あっという間の2ヶ月弱でしたね。コロナの脅威は減少してるっぽい報道ですが、実際はどうなのかな?政治の話題も同じくらいに出回ってるので、必要な情報を、かき分けつつ探しています。思想というか、権力のシーソーゲームは、今はいらんわ。まぁ、今が、最もやりどきなんだろうけど。ハラタツ。

もう半袖の時期なので、今回はアルバム『MusicMan』の候補曲だった曲、タイトルは仮で”しおさい”を聴いてください。アルバムのカラーと合わず、未完成ですが、好きな部分が多い曲です。後半、雰囲気が変わるのですが、暴れたドラムを叩いてもらうといいかも?それともドラムはクールなままがいいのかな?なんて思いながら聴いても楽しいです。

まぁ聴いてって。

久しぶりやな〜ブログ。コロナウイルスで、緊張感の高い毎日になってます。当分は、しんどい日が続きそうです。

自分の場合は、気持ちの平穏を考えると、昔好きだった曲やドラマが恋しくなってきまして、そうだ!昔、自分のアルバムを聴いてくれてた人も、もしかして同じでは?と考え、SoundCloudにて1ヶ月くらいの間、過去のアルバムを聴けるようにしました。新曲よりも懐かしい作品に気が行くのは、危機管理の方に神経が回ってるからなのかな? そこんとこは謎ですが、よかったらどうぞ!

さらなる曲

夏前から作っている曲が出来たので、先月の”プレリュード”に続き、今回は”サウザンド”という曲を聴いてください。

タイトルですが、1000を意味する言葉です。もともとサビで”3000年〜”と唄っていたので、意識だけでも遠くに行きたい願望でもあるのかなぁ?なんて思いながら歌詞を書きました。竹取物語が1000年くらい前。意識の交信というと、オカルトっぽいですが、意識って完全にはシャットアウト出来ないなぁなんて思います。

いろんなものが混ざり合って、自分がいるんだなぁという曲です。

あと、ディケイド。10年単位という意味として時代を振り返る記事で見かける言葉ですが、1000年単位で歴史を振り返ると何が見えてくるのかな?なんてのも面白そう。

(スマホで聴かれる場合、Play On SoundCloud はスルーして、その下の Listen in browser をタッチ。左上のオレンジのボタンを押すとオッケーです)

今回は転調が多いですね。カラフルな感じがする。

次はどんなかな。

夏のお土産

酷暑でもあるし豪雨もあるし、高湿度だし、散々な夏ですね。先週、海に行きましたが、短時間でも日焼けがひどくて、太陽って怖いね。

新曲です。『Prelude』_”プレリュード”って言います。前奏曲という意味で、本題の前感が気楽でいいなぁ、という事で名付けました。

この曲、仕上げの前に漫画家の”わたせせいぞうさん”の世界を意識したんですよ。なぜ、わたせさんを欲したのか分からないのですが、本能に?従ってみました。

(スマホで聴かれる場合、Play On SoundCloud はスルーして、その下の Listen in browser をタッチ。左上のオレンジのボタンを押すとオッケーです)

爽やかでしょ。ソーダかき氷をシャクシャクしながらとか良さそうね。

何と!他にも作ってるんですよ。いいですよ〜

まだまだ大変な気候でしょうが、無事に乗り切りましょうね!

ごぶさたです。

何回か使ってるタイトルです(汗)もう、5月だ。元号も変わったし、色々あったようで、基本は何も変わらないこの頃を過ごしています。

元号が変わる記念に、平成を振り返る日記を、と思ったのですが、このところ使えない言葉が増えてる気がして、面倒臭くて、やめました。ネットの中でも隠語が増えましたしね。もともとあるにしても、なんかね。いやだね。隠語がじゃないよ。考えすぎかな。これも隠語っぽいな。

個人的には、2011年3月11日の地震以降、変わったなぁと思います。本を読んでて思うのですが、3・11以前と以降に発行された本、受ける印象が違うんですよね。以前のは開けっぴろげ、以降のは窮屈な感じがしますね。多分、使える言葉が変わったからだと思うんですが、僕は、以前の本が好きなので、古本を買うときは発売日を調べてから買っています。

こういう話って、頭では考えますが、いざ文字にすると難しいね。何を伝えたいのか?を明確にしないとな、とか。_あ、こういうの。かたっ苦しい感じ。全部サビみたいな内容で、って感じかな。そんなの出来るかい。

映画『海街Diary』を観ました。よかったわぁ。以上。

大河ドラマ『いだてん』、毎週楽しみに見てますが、綾瀬はるかさんと、大竹しのぶさんが母娘設定なんですよ。珍しいなぁ、なんて思ってたんですが、『海街Diary』でも同じ母娘設定なんですね。映画の方が古いから、これを見た人が是非もう一度見たい!ということでキャスティングしたのかな?なんて思いました。確かに、あの2人はどうなったのかな?と気になる内容の映画だったからなぁ。

映画監督の森達也さんに興味を持ったので『Fake』も観ました。ゴーストライターのやつ。森達也さんの神経の太さが気になって気になって。図太いってのは憧れますね。内容はね、どっち(マモル)もどっち(タカシ)やなぁ、って感じ。

てな訳で、あんまり言葉に振り回されないようにしていきたいなぁ、そんな令和開け日記でした。

空いたね〜参ったね〜

早いもんです。もう3月ですね。お久しぶりです。ここんところ、雨がひどくて、しかも寒い!ので体調維持が難しい。三寒四温なのでしょうか。

アカデミー賞で話題の『ROMA』という作品を早速観ました。大変感動しました。途中まで、感動する要素がほとんどないので、どこでどうなったのか分からないのですが、胸を締め付けられるような方面に自然になっていくのね。凄いね。圧巻でした。

それから、音楽がゼロでしたね。いわゆる背景用に作曲された映画音楽はゼロでした。劇中のテレビから、映画館で、街中のパレードの曲なんかが、映画音楽担当だったのかな?音、大きかったしね。

僕は、主にパソコン用のディスプレイで映画を観るのですが、観ながらピアノを弾くんですよ。弾くのが楽しくなって、映画鑑賞を中断するのがいつものことなので、たまに映画館で観ると退屈で、ムズムズしてしまいます。

『ROMA』も観ながら弾いたのですが、全く合わせられない。いらないんでしょうね。その後は、割と静かに観てました。

もうすぐ春なので、春らしい曲を一つ。平成も終わりそうな昨今ですが、昭和を感じる曲なので『Shouwa』 適当やね。新元号『繁栄』の”繁”の字が入るんじゃないかな?と思っていましたが、NHKの予想では、カスリもしてませんでした。ちぇっ。

(スマホで聴かれる場合、Play On SoundCloud はスルーして、その下の Listen in browser をタッチ。左上のオレンジのボタンを押すとオッケーです)

体操しよう

寒波くるらしいですね。なので、身体を動かしてみようかなぁ、という曲です。1990年代初頭、アシッドジャズという言葉をラジオからよく聴きました。それほど詳しくないのですが、多分、それっぽいかな?ということにして『Acid_TAISOU』というタイトルにしました。聴いてると なんかポカポカとする曲なんだよね。

(スマホで聴かれる場合、Play On SoundCloud はスルーして、その下の Listen in browser をタッチ。左上のオレンジのボタンを押すとオッケーです)


いい感じでしょ。

ジャングルでお祝い

もう年末。1年、早いなぁ。平成最後のクリスマスですね。しかし、浮かれた感じしないね。

今年もクリスマスっぽい曲作りました。今回は、クリスマスをターザンと一緒に過ごす、というテーマでお送りします。『Christmas in jungle』です。

(スマホで聴かれる場合、Play On SoundCloud はスルーして、その下の Listen in browser をタッチ。左上のオレンジのボタンを押すとオッケーです)

メリークリスマスイブ。素敵な夜をお過ごしください。

未解決

起きてラジオをつけると、ジョンレノンの歌が流れています。あ、なんて曲だったっけ?と思いつつも次の曲くらいで、ジョンレノンの命日が今日だったことを思い出しました。

ラジオで流れていた曲は、アルバム『イマジン』の未発表バージョンが中心でした。アルバム『イマジン』は、印象が薄い曲が多いですね。一つ前のアルバム『ジョンの魂』はポップな曲は少ないものの大好きなんです。今回は、ちょっと音楽ファンな文章になっております(笑)あ、やっぱりでも音楽の感想を言葉にするのは難しい。

ジョンレノンの死については、FBIやCIAが絡んでいる巨大な陰謀論もありますが、実際に盗聴なんかの被害にもあってたみたいだし、やはり影響力が強い人の死には噂が付きまといますね。

ついこの間は、今更!『JFK』を初めて観ました。きっかけは声優の家弓家正さんが亡くなった時に、氏の印象に残る仕事として、誰かがアップしていた『JFK』の吹き替え動画を観たことです。_『攻殻機動隊』の人形使いの声も良かった_で、観たわけです。全員が犯人を知ってるのに、裁こうにも誰にも裁けない、観ていて、しんどい映画でした。

で、昨日は本屋で”グリコ・森永事件”のドキュメント本を見つけました。陰謀論とは違いますが、謎の多い未解決事件ですよね。この事件も少し調べると、べったりとした徒労感を感じるんですよね。

こうして書きながら、自分は何を追っかけてるのかなぁ?と思いますが、自分が今歌って、グッとくるエネルギーの素を探してるのかなぁと思ってみたり。と言いつつも、今年のM1グランプリは”霜降り明星”のキレのある芸が、抜群に面白かったです。例えるなら、1枚の大きなトンカツに、食べやすい切れ目を入れてくれる感じが良かったです。細切れ感がいいのかな。

そんな感じで、最近は未解決感を抱えながら、曲の原動力探しに翻弄されています。